まん延防止法適応解除後の活動について

写真は2021.7.4 名寄陸上プロブラムのトレーニング風景です
「ステージ2以下」の地域はアスリート、コーチ、ボランティアの距離を十分に取って、プログラムを再開しています

 


まん延防止法適応解除後の活動について

NPO 法人スペシャルオリンピックス日本・北海道

理事長 阿部雅司

 

コーチの皆さん、ボランティアのみなさん、お疲れ様です。いつもありがとうございます。日本政府は、先日北海道における「まん延防止法」の適応を予定通り 7月11日に解除しました。SON北海道は緊急事態宣言解除時に常任理事会が定めた活動基準を再度ご提案します。

 

(1)まん延防止法が解除された7月11日以降も、新型コロナウイルス感染症対策分科会が定める、感染状況を示す4つのステージにおいて、「ステージ2以下」の地域でプログラム活動再開を検討する。

(2) ステージ2以下であってもアスリートの身体的、心理的状況、ファミリーの理解、プログラムの内容、会場の感染対策状況をコーチが総合的に判断し、可否を決定する。

 

ヘッドコーチの皆様におかれましては、アスリートの身体的、心理的状況を最優先し、慎重な判断をしていただきますようお願いいたします。

以上

 

コーチ、ファミリー、アスリートの皆さん。お問い合わせ・ご相談を各地区担当理事までお願いいたします。
ヘッドコーチのみなさんは、地区担当理事と相談してご活動、および、ご活動のご再開をお願い致します。


GET IN TOUCH